雲光院宗旨

名称
浄土宗(じょうどしゅう)
宗祖
法然上人(ほうねんしょうにん)
(源空 げんくう)
長承二年(1133年)~建暦二年(1212年)
開宗
承安五年(1175年)
平安時代末期 約830年前
本尊
阿弥陀如来(あみだにょらい)
称名
(となえることば)
南無阿弥陀仏
教義
阿弥陀如来のお誓いと済(すく)いを深く信じ、お念仏「南無阿弥陀仏」を称えることによって、どんな愚かで罪深い者でも一切の苦しみから済われ、明るい安らかな毎日をおくることができ、そのままの姿で人間として向上し、阿弥陀如来の本願力により、極楽浄土に生まれることができるという教えです。
経典
お釈迦様がお説きになった
「無量寿経 (むりょうじゅきょう)」
「観無量寿経 (かんむりょうじゅきょう)」
「阿弥陀経 (あみだきょう)」
(浄土三部経)が基本のお経です。
本山等
総本山
大本山
 
 
 
本山
京都 知恩院
東京 増上寺・京都 金戒光明寺
京都 知恩院・京都 清浄華院
久留米 善導寺・鎌倉 光明寺
長野 善光寺大本願
滋賀 蓮華寺